トリコモナスはクラミジアと同様、感染する人が多い症状です。

女性だけではなく、男性もかかる感染症ですが、特に女性に症状が出やすい感染症です。

妊娠すると赤ちゃんに感染することがあるため、結婚や妊娠を考えたら早めに治療しておきたい病気のひとつです。

トリコモナスは原虫が性器内に入り炎症を起こす性病です。

この虫は肉眼では見ることはできませんが、ゾウリムシのような形をしています。

トリコモナスは性行為による感染が主なのですが、性行為以外からも感染し下着を共有したりタオリ、便器、浴槽でも感染の可能性がある危険な性病で、性行経験のない子供でも感染することがあります。

男性が感染しても、尿道への感染の場合は排尿を繰り返すことで洗い流され完治することもあります。

女性の膣に寄生し、無症状が多く知らないうちに他の人に迷惑となり感染を拡げてしまっていることも考えられます。

感染について

女性の場合は膣トリコモナス原虫が膣内や子宮頸管に寄生します。

感染源が原虫ということもあり、性行為以外でも感染し、下着やタオル、浴槽、便器などにトリコモナスがいる場合、入り込んで寄生します。

トリコモナスは膣トリコモナスと呼ばれる寄生生物が原因となる感染症です。

腸や口腔に感染することもありますが、性感染症としてのトリコモナスでは女性の場合は膣炎を、男性の場合は尿道炎を引き起こします。

女性の場合、膿のような強い臭気を持つ、泡立った黄緑色のおりものが見られるようになります。

また陰部のかゆみやヒリヒリ感、下腹部痛、排尿時や性交時の痛みや不快感を覚えることもあるようです。

トリコモナスは不妊を招く可能性があるだけではなく、感染している状態で妊娠すると早産を招くことがあります。

女性の膣には自らきれいになろうとする自浄機能がありますが、妊娠中はこの機能が弱まると言われているため、妊娠前にしっかり治療しておきたい症状です。

男性の場合は排尿時や射精時に灼熱感を覚えたり、陰茎内部に不快感や刺激を覚えることがあります。

尿道炎を起こして尿道から膿が出てくることも多いようですが、自覚症状がないこともあると言われています。

トリコモナスも性行為によって感染する病気です。感染している女性から男性へ、男性から女性へと感染していきます。

不特定の相手と性行為を持つ人はコンドームを使用することでトリコモナスに感染するのを防ぐことができます。

またトリコモナスは浴槽や公衆浴場のイス、便座、下着やタオルからも感染する病気であるため、性行為の経験のない10代の人がかかることもあります。

主な症状

こないだセックスした後に尿道からうみが出るようになって

おしっこする時に尿道が痛むんだよね

最近あわ状のおりものが増えて、臭いがきつく感じるの

あそこも強いかゆみがあって我慢できない

男性の場合はほとんど症状は出ませんが、尿道炎の症状が出る場合があり、尿道炎は排尿時に痛みを感じたり、違和感を感じることがある他、尿道から膿みが出てしまうこともあります。

尿道への感染のみの場合は排尿で洗い流されるのでそのまま完治に向かうでしょう。

トリコモナスに感染してしまった多くの男性は前立腺や精のうに寄生してることも考えられ、それが原因で前立腺炎や尿道炎を起こすことになります。

無症状のことも多いので定期的に検査をすると良いでしょう。

女性のほうが寄生されやすく膣、子宮頸管、膀胱、尿道にも感染し症状が現れることが多いのが特徴です。

症状として、強い悪臭のするあわ状のおりものが増加し、外陰部や膣の強いかゆみも出てきます。

しかし、症状がない女性が半分といわれており、症状なく膣内にトリコモナスが寄生してる場合があります。

治療せずにそのままにしておくと、卵管まで炎症が進んでしまうこともあり、不妊症や流産を引き起こす原因になってしまいます。

検査について

症状がある場合には、病院へ行きましょう。

検査を経て、結果としてトリコモナスの場合はしかるべき治療を受けます。

地方自治体、保健所などでトリコモナスの検査を有料で行ってくれるところもあります。

匿名で受けられるところもあり問合せをして検査実施日と金額、時間などを聞きましょう。

病院にも保健所にも行きたくないといった場合や、症状がないから簡単に調べたいといった場合には自宅で調べられる検査キットもあります。

自宅で検査をして郵送で送るだけの簡単検査で、男性の場合は尿道から出る膿みを採取し検査し、女性の場合は膣からの分泌物を検査します。

感染したかもしれないと思われる性交から2日から3日経過したところで検査は可能で、発症までに10日前後かかると言われていますが、その前に検査をすることが可能です。

治療について

検査でトリコモナスに感染しているとわかったら、しかるべき治療を受けましょう。

約10日間、5-ニトロイミダゾール系抗原虫薬(フラジール)という薬を服用し、女性の場合は膣に膣錠を使用する場合もあります。

その後、自覚症状がないことを確認し、もう一度検査をしてトリコモナスがあいないかどうかを確認して治療は終了となります。

女性の場合には、次回の月経時にもう一度確認することが理想的です。

トリコモナスの検査は女性の場合、膣内の分泌物を綿棒のようなもので採取して行います。

男性の場合は尿検査で調べることができます。

治療は10日程度、抗生物質を服用して行われます。

また膣内を洗浄してから膣剤(膣内に直接入れて使用する抗生物質)を併用する場合もあります。

トリコモナスの治療で大切なことは、パートナーと一緒に治療を受けることです。

特に男性の場合は症状が出ないことも多いため、治療の終わった女性と性行為を持つことで、女性が再度感染してしまう恐れがあります。

また治療が終わるまではパートナー間であっても性行為は控えなくてはなりません。

早期発見されれば、治療も短期で済みます。

結婚や妊娠を考えている方はパートナーと一緒にトリコモナス感染症の検査を受けるようにしましょう。

予防について

トリコモナスの予防にはコンドームの使用が有効ですが、性交時だけではないので感染リスクを考えると予防策はかなり難しいです。

女性の場合は公衆浴場などでも感染してしまうことも考えられます。

温泉や公衆浴場などの水やお湯には病原菌を消失する消毒剤が入っていることがほとんどですが、たとえば、浴場にある共有する風呂椅子などによって感染してしまうことも考えられます。

その他、共有するタオルなどでも感染しますので、公共の物を使う時は注意しましょう!

病院を受診する場合

あきらかに症状がある場合には、病院にてしかるべき診察を受けることが望ましく、男性の場合は泌尿器科か性病科、女性の場合は婦人科、性病科になります。

診察台は約3000円から5000円ほどで、そのほかに検査代が3000円から5000円がかかり、さらに薬代が3000円ほどかかると見込ま、少し高めに見積もって13000円ほど用意すると良いでしょう。

トリコモナスは虫が寄生するので厄介な性病で、治療途中で勝手に治療をやめてしまうとトリコモナスが増えてしまうことも考えられます。

気になる症状が有る場合は、検査をすることをおすすめします。

デリケートゾーンのケア 性病検査青