病気のサインとして、おりものの異常が現れることは少なくありません。

おりものの色、あるいは臭いなど、普段と違う違和感を感じたら、様子をみるだけでなく医師に相談するのが良いでしょう。

ここでは、自覚症状としておりものに変化が現れる病気をいくつか解説します。

膣トリコモナス症

主に性交渉により、原虫の一種であるトリコモナスに感染することで発症します。

性交渉の他には、衣服やタオル、便器や浴槽などを通じて感染する場合も考えられます。

うみ性のおりもの、黄色や黄緑色の泡立ったおりものが多量に出ます。

量が多い時は、ナマモノが腐ったような生臭い臭いも強くなります。

細菌性膣炎

性病ではないので、性交渉によって人から人に感染するような病気ではありません。

膣の中の環境が損われた時に発症するもので、過度なセックスや膣洗浄、過労などで体力が落ちたり膣内に必要な乳酸菌が失われた状態になると、有害な細菌が繁殖してしまうのが原因です。

魚臭帯下ともいわれる強い悪臭をもったおりものが一番の特徴で、おりものの色は灰色になります。

おりものの量は普通で、炎症は特に起こりません。

子宮頸管炎

性交渉などにより、クラミジアやトラコマチス、淋菌などに感染することで発症します。

子宮膣部に発赤や充血などの症状が現れ、ただれてきます。

おりもののサインとして、薄く黄色っぽい色の粘液性のあるおりもの、うみ性のおりものが出ます。

放置すると子宮内膜炎などに進行し、子宮から腹腔内にまで影響して下腹部の痛みが慢性化する恐れがあります。

骨盤内感染症

性交渉などにより、クラミジアや淋菌、好気性菌、嫌気性菌などに感染することで発症します。

子宮内膜や子宮の付属器に炎症がおこる病気で、おりものはうみ性で量が多くなります。

他にも、発熱や下腹部の痛みなどが現れます。

子宮の付属器というのは、卵管や卵巣、その周囲にある骨盤内腹膜などを含み、これらに炎症が起きた場合を、総称して骨盤内感染症と呼びます。

デリケートゾーンのケア 性病検査青