HIV感染症は、HIVウィルスが体液の接触による感染症で最終的にはエイズを発症する殆どの方が死にいたる怖い病気です。

性病として分類されていることから性行為により感染すると思われるかもしれませんが、性行為以外でも血液や体液の接触が有る場合は感染するリスクが生じます。

HIVとはヒト免疫不全ウイルスのことで、この名の通り免疫を不全にしてしまうウイルスであり、ヒトの免疫力を低下させてしまうウイルスです。

このウィルスに感染して、数年から10数年経過して発症するとエイズという病名に代わり、免疫力がどんどん低下し、健康であれば問題ないような病気にかかってしまい死にいたる事もあります。

HIV感染症は、HIVヒト免疫不全ウイルスに感染した状態で、エイズ(後天性免疫不全症候群)は、HIVウィルスが感染し免疫細胞を破壊することから免疫力が低下し、日和見感染症と呼ばれる健康な人なら発病しないありふれた細菌による感染症や悪性腫瘍を合併した状態を指します。

HIV感染したからといって、すぐにエイズを発症するわけではなく潜伏期間を経て免疫細胞が体を防御でき無い程に減少して、厚生労働省の指定する23の合併症がみられると医師によりエイズと診断されます。

HIVは、血液や体液の接触で感染するのですが、性行為などで接触があると皮膚の傷口や、口・性器などの粘膜から侵入し、免疫細胞であるCD4陽性リンパ球(ヘルパーT細胞)に感染し、破壊します。

HIV=エイズではないので間違えてはいけません。

HIVはおそろしい、怖いというイメージが先行してしまって恐怖心しかないという方も多いでしょう。

しかし、先入観だけで知識を持ってしまうのでは無くきちんとHIVについて知識を持ちましょう!

感染経路について

HIVに感染してる人とセックスをすることで100%感染すると思われていませんか?

感染する可能性はありますが、通常のセックスで感染する「可能性」はあるものの100%ではありません。

HIVは性行為や血液による感染(輸血や血液に触れて粘膜に入ってしまったなど)母子感染などにより感染します。

HIVが感染するリスクは、行為やコンドーム着用などの予防措置により変わります。

コンドームを使用しない性器の挿入やアナルセックスでは、どちらかがHIV感染者の場合は、感染の確率は0.1〜1%と言われますので100回の行為で1回感染する可能性がります。

しかし、予防措置の無いセックスを1回しただけで感染しているケースも有るので感染の確率はあくまで目安として認識をしてください。

行為に該当しない方にとっては関心が低いかもしれませんが、血液の接触がある行為や性行為などの心当たりが有る場合は注意する必要があります。

感染者は少ないと思われがちですが、医療関係に勤めている人などにとっては、患者からうつされる危険性は十分にあります。

まず最も感染率が高いのが、輸血です。

これは90%感染します。

ほぼ100%の確率で感染するのですからとんでもないことです。

輸血した血にHIVが紛れ込んでいると、必ずといっていいほど感染します。

そのため、献血などではかなりの注意を払って献血をしています。

そして、二番目に多いのが、静脈注射ドラッグ使用時の針の共有です。

つまりはドラックの回し打ちですね。

ドラック中毒者は回し打ちをしていることが多く、世界中で蔓延している理由でもあります。

三番目に多いのが、受け入れ側のアナルセックスです。

これはアメリカではHIVはゲイの病気と言われている所以です。

ゲイの方は、避妊の必要が無いせいか男女間の性行為に比べてコンドームを使うことがあまりないようです。

日本のおかまと呼ばれる人たちは、まだリテラシーがあるのですが、海外になるとアナルセックスをする時にコンドームを装着せずにセックスをするケースが多いようです。

確率は0.5%で低いように思われますが100回中1回は感染する可能性があるので気をつけましょう。

そして、入れ墨などの針刺し事故が0.3%。これも何度も行って一つの刺青を完成させるため、100%に近い感染率を持っています。

女性側のセックスは0.1%。男性側のセックスは0.05%と、セックスについてもこれも回数を重ねれば重ねるほどHIVの感染率は高くなります。

どのケースにも言えるのですが、一回だけで感染する可能性は極めて稀です。

しかし、それを何回も行って行く事で、感染率は上がっていくのです。

・性行為での感染

セックス、アナルセックス、オーラルセックスによって感染の可能性があります。

HIVが粘膜や傷口などから侵入し、感染にいたるので出血を伴う性行為や出血している部分に感染者の血液や精液が接触すると感染の可能性が高まります。

コンドームがあればHIVを防ぐことができると思いがちですが、もちろんコンドームでも効果はあるのですが100%ではありません。

精液や血液が指や口に入った場合、指や口に傷口がある場合や、口腔の粘膜によって感染する可能性があるので、コンドームだけでは防げないのです。

梅毒、クラミジア、淋病、B型肝炎感染歴のある人は性行為によるHIV感染患者の半数以上にものぼるともされ、これらの性感染症の方は、HIV検査もすると良いでしょう。

・血液による感染

近年、増加してるのが覚せい剤や麻薬をする際に注射器を複数の人間で使うことで感染するケースです。

注射器や針などは基本的に使い切りであり、もちろん薬物は禁止されています。

しかし、覚せい剤常習者や麻薬常習者の中で注射器の使いまわしがとても増えておりHIVに感染してしまう人が増えています。

輸血によってHIVに感染してしまった人も過去におり、全国的な訴訟問題になりましたが、今の日本の輸血では感染はまずありえないでしょう。

しかし、海外旅行などに行った先で輸血をした場合、先進国ではない場合には少し心配なこともあります。

その他、HIV感染者の血液に触れてしまった場合、傷がある場合や粘膜に触れてしまった場合には感染の可能性が出てきます。

・母子感染

女性は妊娠をすると検診でHIV検査を受けることになります。

HIVの母子感染はとても可能性が高いので、妊娠時点でHIVの検査を受けるのです。

万が一、母親が感染してることがわかった場合でも、子供に感染することを防ぎながら治療をし、子供を産むことが可能です。

さらに、妊娠前に感染したことがわかっている場合でも人工授精などによって妊娠することができます。

誤解されやすい感染経路

HIVの人とは一緒に生活なんておろか、一緒の場所にいれない!といったような間違ったイメージ助長されています。

しかし、上記のような感染以外では感染する可能性は低いので心配する必要はありません。

例えば、同じお風呂に入っても感染はしませんし、トイレやコップのまわり飲み、同じ蚊にさされても感染はしません。

注射器のような血液に関連するものや、使い終わった生理用品など極端なものでなければ感染はしませんので安心してください。

症状について

感染時は、ほとんどの人が無症状であることが多く、稀に感染後数週間でインフルエンザや風邪に似た症状が現れる人もいます。

感染して2週間から6週間くらいの間に、風邪やインフルエンザに似た症状や頭痛、発熱、喉の痛み、倦怠感、下痢などがありますが、これらはHIVに感染しなくても発症するので気づかない可能性が高いです。

ただの風邪だったと判断することが多く、初期感染で見抜けないのがHIVの恐ろしいところです。

また、帯状疱疹や全身に発疹が出ることがありますが、症状は1週間から2週間くらいで消えてしまい忘れてしまうことでしょう。

この初期症状は乏しいので気づかない場合が多いので、心配になるような無防備な性行為をしたら必ずエイズ検査を受けるようにしましょう。

これは身体の中でHIVが増えるために症状で、それも一過性のもので、その後は無症状が続きます。

長い人で10数年、HIVの無症状状態が続きますが、その間、HIVウイルスによって免疫力は低下しているのですが、免疫力をHIVウイルスの増加が超えてしまうとエイズを発症となり、普段では考えられないような菌で病気が発症しまいます。

これは普段は、外部から様々な菌が体の中に入ってきても、免疫力がその菌を退治して体調を保つのですが、免疫力が低下すると菌に対応できなくなり、外部から侵入した菌に負けてしまい病気になってしまうのです。

HIV感染初期が他者へ感染しやすい理由

「感染者が感染した自覚無しに他の人との性行為をすることで感染を広げてしまう」

HIVウィルスは、感染するとすぐエイズを発症し様々な症状が出るわけではなく、段階を経て10~20年をかけてエイズを発症します。

HIV感染の初期症状としては、熱が出る程度で風邪などと同じ症状の為、血液検査無しで症状だけで発覚することはありません。

また、感染後は無症候期と呼ばれる潜伏期間が10年程続きますが、この期間は症状がありませんが一日100億個ものHIVウィルスが増殖し免疫細胞であるヘルパーTリンパ球は減少し続けています。

HIV感染の初期が感染が多い理由は、HIVウィルスの感染者が感染した自覚を無しに他の人との性行為をすることで感染を広げてしまうからです。

HIV感染を判定できるのは、血液検査しか無いのですが、きっかけの症状が無いので多くの人がエイズの発症で気づくケースが多いのです。

厚生労働省エイズ動向委員会のデータでは、HIVに感染した人の約30%の方が、感染に気づかずに放置してエイズの症状が出たことで感染が発覚しています。

HIVの感染時点で、エイズ検査をして気づいていればエイズの発症を遅らせる治療ができたはずなのですが、エイズの発症からでは生存確率は非常に低下します。

発疹や発熱が出た段階で心配になった場合は、早期発見、早期治療の為に検査を受けた方が良いのです。

治療について

検査などでHIVを発見することができた場合には、しかるべき治療を受けることができますので、副作用など強い場合もありますが、普通に生活をすることも可能な場合もあります。

エイズの発症を遅らせたり、エイズを発症しないようにすることや、HIVウイルスを体内からほとんど失くすことができるような治療法が今はあります。

少し前までは不治の病として恐れられていましたが、今は治せるまではいかなくともかなり鎮めることはできるので、早期発見をしてすぐに治療に移すことが大切です。

予防について

HIV感染を予防するにはコンドームの着用ですので、避妊のためにも必ず性行為の初めから最後まで着用して安全な性行為をしましょう。

感染する疑いのある行為を極力避けることがHIVの予防法ですが、もし不特定の相手との性行為、コンドームをしないセックスなどをしているようならば検査をされることをおすすめします。

検査について

検査は病院、地方自治体の保健所、自宅検査キットで検査することができます。

とてもデリケートなものなので、保健所では匿名検査を無料で受けることが可能ですが、それでも心配という方は自宅で検査キットで匿名で検査することも可能です。

結果は陽性と陰性で表示され、陽性というのがHIVウイルスがあるとされた場合です。

HIVの治療を行うことができる病院は限られているので、インターネットなどを駆使してきちんと調べましょう。

保健所などで陽性がわかった場合には病院を紹介してくれるところもあります。

あなたが感染し気づかないと現在の大切なパートナーや未来のパートナーに取り返しのつかない重荷を背負わせてしまうことになります。

無防備なセックスをしたら必ず検査

HIVに感染すると免疫が体を守るために抗体を作り血中に送り出されますが、HIV検査では、HIV抗体が含まれる血液を用いて検査をしてHIVに感染したかどうかを調べます。

HIVに感染しても検査結果が陰性になる時期があり、これをウインドウ期といい2ヶ月あります。

ですので、より正確な検査をするためには疑わしい行為の後、最低でも2か月後に検査をするようにしましょう。

デリケートゾーンのケア 性病検査青