おそろしい性病として知られているのがエイズです。

HIVとはヒト免疫不全ウイルスのことで,

この名の通り免疫を不全にしてしまうウイルスであり、ヒトの免疫力を低下させてしまうウイルスです。

このウィルスに感染して、数年から10数年経過して発症するとエイズという病名に代わり、免疫力がどんどん低下し、健康であれば問題ないような病気にかかってしまい死にいたる事もあります。

HIV=エイズではないので間違えてはいけません。

HIVはおそろしい、怖いというイメージが先行してしまって恐怖心しかないという方も多いでしょう。

しかし、先入観だけで知識を持ってしまうのでは無くきちんとHIVについて知識を持ちましょう!

感染経路について

HIVに感染してる人とセックスをすることで100%感染すると思われていませんか?

感染する可能性はありますが、通常のセックスで感染する「可能性」はあるものの100%ではありません。

HIVは性行為や血液による感染(輸血や血液に触れて粘膜に入ってしまったなど)母子感染などにより感染します。

・性行為での感染

セックス、アナルセックス、オーラルセックスによって感染の可能性があります。

HIVが粘膜や傷口などから侵入し、感染にいたるので出血を伴う性行為や出血している部分に感染者の血液や精液が接触すると感染の可能性が高まります。

コンドームがあればHIVを防ぐことができると思いがちですが、もちろんコンドームでも効果はあるのですが100%ではありません。

精液や血液が指や口に入った場合、指や口に傷口がある場合や、口腔の粘膜によって感染する可能性があるので、コンドームだけでは防げないのです。

・血液による感染

近年、増加してるのが覚せい剤や麻薬をする際に注射器を複数の人間で使うことで感染するケースです。

注射器や針などは基本的に使い切りであり、もちろん薬物は禁止されています。

しかし、覚せい剤常習者や麻薬常習者の中で注射器の使いまわしがとても増えておりHIVに感染してしまう人が増えています。

輸血によってHIVに感染してしまった人も過去におり、全国的な訴訟問題になりましたが、今の日本の輸血では感染はまずありえないでしょう。

しかし、海外旅行などに行った先で輸血をした場合、先進国ではない場合には少し心配なこともあります。

その他、HIV感染者の血液に触れてしまった場合、傷がある場合や粘膜に触れてしまった場合には感染の可能性が出てきます。

・母子感染

女性は妊娠をすると検診でHIV検査を受けることになります。

HIVの母子感染はとても可能性が高いので、妊娠時点でHIVの検査を受けるのです。

万が一、母親が感染してることがわかった場合でも、子供に感染することを防ぎながら治療をし、子供を産むことが可能です。

さらに、妊娠前に感染したことがわかっている場合でも人工授精などによって妊娠することができます。

誤解されやすい感染経路

HIVの人とは一緒に生活なんておろか、一緒の場所にいれない!といったような間違ったイメージ助長されています。

しかし、上記のような感染以外では感染する可能性は低いので心配する必要はありません。

例えば、同じお風呂に入っても感染はしませんし、トイレやコップのまわり飲み、同じ蚊にさされても感染はしません。

注射器のような血液に関連するものや、使い終わった生理用品など極端なものでなければ感染はしませんので安心してください。

症状について

感染時は、ほとんどの人が無症状であることが多く、稀に感染後数週間でインフルエンザや風邪に似た症状が現れる人もいます。

これは身体の中でHIVが増えるために症状で、それも一過性のもので、その後は無症状が続きます。

長い人で10数年、HIVの無症状状態が続きますが、その間、HIVウイルスによって免疫力は低下しているのですが、免疫力をHIVウイルスの増加が超えてしまうとエイズを発症となり、普段では考えられないような菌で病気が発症しまいます。

これは普段は、外部から様々な菌が体の中に入ってきても、免疫力がその菌を退治して体調を保つのですが、免疫力が低下すると菌に対応できなくなり、外部から侵入した菌に負けてしまい病気になってしまうのです。

しかし、エイズ発症前に検査などでHIVを発見することができた場合には、しかるべき治療を受けることができますので、副作用など強い場合もありますが、普通に生活をすることも可能な場合もあります。

エイズの発症を遅らせたり、エイズを発症しないようにすることや、HIVウイルスを体内からほとんど失くすことができるような治療法が今はあります。

少し前までは不治の病として恐れられていましたが、今は治せるまではいかなくともかなり鎮めることはできるので、早期発見をしてすぐに治療に移すことが大切です。

検査について

検査は病院、地方自治体の保健所、自宅検査キットで検査することができます。

とてもデリケートなものなので、保健所では匿名検査を無料で受けることが可能ですが、それでも心配という方は自宅で検査キットで匿名で検査することも可能です。

結果は陽性と陰性で表示され、陽性というのがHIVウイルスがあるとされた場合です。

HIVの治療を行うことができる病院は限られているので、インターネットなどを駆使してきちんと調べましょう。

保健所などで陽性がわかった場合には病院を紹介してくれるところもあります。

デリケートゾーンのケア 性病検査青