淋病とは淋菌が原因の感染症です。

性病の一種であり、性病の中では感染者が多いことで知られている病気です。

淋病は男性に多いといわれている性病で、男性の症状がつらい性病で知られています。

セックスでは1回のセックスで感染する可能性は30%と高く、淋病に感染してる人はクラミジアにも感染してる人が20~30%と高い確率でいると言われ、検査をする場合はクラミジアの検査をする必要もあります。

男性が感染する場合は、主に風俗での女性による口腔でのオーラルセックスによる感染がほとんどです。

感染について

セックスやオーラルセックス、アナルセックスなどあらゆる性行為で、淋菌と呼ばれる菌によっ淋病は感染します。

感染者の粘膜との接触、精液や膣分泌液が粘膜に触れることにより感染を引き起こします。

女性の咽頭から感染することもあり風俗を利用することで多く感染が報告されている病気です。

母子感染もしますが、女性は妊娠時に淋病の検査を受けることになりますので、現在ではほぼ母子感染はありません。

症状について

・男性の場合

尿道が痒かったり、おしっこをすると痛い

黄色のドロドロした膿が出たり、膿がでたりすることも

勃起した時は痛くて、ペニスも腫れたような気がするんだけど

男性の場合は尿道に感染し、その結果、尿道炎や精巣上体炎などが症状として現れます。

尿道から膿みが出て、激しい排尿痛が出ることが多く、その他、尿道のかゆみや違和感、精巣全体の腫れや発熱することもあります。

尿道から出る膿みは多く白っぽかったり少し黄色がかった色で粘り気があります。

治療をせずに放置してしまうと、前立腺炎になってしまったり、血精液症になってしまうことがあるので早期発見早期治療が必要です。

また、精巣上体炎になってしまうと陰のう部が激しく痛み、無精子症になってしまうことも考えられますので、治療をしましょう。

その状態になるまでは激しい痛みなどを経てからということになりますから、気づかないでこの状態になるということはほとんどありませんので、痛みを感じたらすみやかに病院へ行きましょう。

・女性の場合

最近、おりものが増えて、膿が混じって臭いのよね

あそこも痒いし、不正出血とお腹も痛いみたい

おしっこをする時に痛くて困ってるの、、、

女性の場合は、子宮頸管に感染し、その結果、子宮頸管炎を起こしてしまいます。

その後、腹腔内に侵入し、骨盤まで感染を引き起こしさまざまな症状が出ます。

さらに女性も尿道へ感染が広がると、尿道炎を併発することもあります。

女性の主な症状はおりものが増えること、不正出血や下腹部の痛みなどですが、一番多いのはおりものの増加です。

臭いのあるおりものが出てる時は、放置せずに検査をしましょう。

しかし、女性の場合は淋病では症状が出ない人が多く、感染したままの状態で男性と性交してしまうことで感染が拡がってしまいます。

感染したままの状態でいると、卵管炎や骨盤腹膜炎を起こしてしまい、子宮外妊娠や不妊症へとつながってしまいますので注意が必要です。

少しでも変化がある場合や、疑われるような性交があった場合には検査をすることをおすすめします。

・口腔の場合

オーラルセックスにより、咽頭の臨床感染がとても増えています。

女性が男性に対して行うオーラルセックスの場合、男性の性器から女性の咽頭に感染してしまう場合と女性の咽頭から男性器に感染させてしまう場合と2パターン考えられます。

咽頭に感染してしまった際の主な症状としては、のどの痛みや腫れ、発熱などがありますが、風邪と間違ってしまうことも多いので注意が必要です。

淋病の場合は症状が出にくく、喉に違和感すら覚えない方も多いそうです。

性器が淋病に感染してる人の30%ほどの人が、咽頭にも感染してるといわれていますので、性器から発見された際は咽頭の検査もしてみましょう。

性器の淋病よりも咽頭の淋病の方が治療が長引く傾向があります。

性器のみといった場合も考えられますが、咽頭のみということも考えられますので、少しでも気になる場合は検査をすることです。

検査について

症状が出ている場合には、しかるべき医療機関で診察を受けましょう。

症状が出てるときはほぼ間違えありませんから、病院にいって早期治療を行うことで治りも早くなります。

そのほか、自治体保健所による検査も実施されており、匿名で検査を受けることもでき、曜日や時間など決められているので、保健所に問い合わせてみると良いですよ。

病院にも保健所にも出向くのはちょっと…といった方や、症状が出てはいないけどもしかしたら…と気になってしまうといった場合には自宅で検査ができるキットもあり、郵送にて検査ができるのでとても便利です。

性病はデリケートな問題ですから、自宅で気軽に調べることができるのは良いですね。

検査は男性の場合は、出始めの尿を採取し、女性の場合は子宮頸管からの分泌液を、咽頭の場合には咽頭周辺のぬぐい液を調べることになります。

検査は感染したかもしれないと思われる性交から2日から3日で検査をすることが可能で、通常、感染してから発症までは2日から7日ほどで症状が現れることになります。

症状がない状態や潜伏期間であっても性交した場合はパートナーに感染リスクがありますので注意してください。

デリケートゾーンのケア 性病検査青