カンジタはカビの一種です。

菌によって起こる病気で女性に多い病気であり、性病といってもちょっと違い、体の抵抗力が低下しても発症します。

女性は体調によってカンジタを発症してしまう人もいます。

たとえば生理前に必ずカンジタになってしまう人、生理後にカンジタになってしまう人など様々です。

女性にとても多い病気なのですが男性にも影響が出るもので感染した場合は包茎の男性は症状が出やすく、女性と同じような症状が現れます。

感染経路について

性行為による感染もあるのですが、誰かからの感染ではなく、自分で発症してしまう自己感染もあります。

もともと人間の体内にある菌であり、膣内や腸管などにある菌で、なんらかの原因によってカンジタが起こり症状が出ます。

なんらかの理由とは女性の場合は生理前や生理後のホルモンの変化による体調の変化や、体調を崩したこと、風邪などをひいて抗生物質を飲んだ場合など様々です。

症状について

男性はカンジタ菌を保有していても症状が出ることはほとんどありません。

包茎や糖尿病の発症、ステロイド剤の投与などによってカンジタが起こることもあります。

症状としては性器のかゆみやただれが出る場合があり、白いカスのようなものが出ます。

さらに亀頭に小さな水泡ができることもありますが男性はとどんど症状が出ないので、気づかない場合や自然治癒してる場合があります。

女性の場合は、膣や外陰部に強いかゆみが現れ、強いかゆみにより、かいてしまうと膣周辺が痛くなってしまうこともあります。

白いヨーグルトのカスのようなおりものが出て、性器の灼熱間や痛みを伴う炎症が起こり、排尿障害が起こることもあります。

風邪や疲労によって体力が低下したり、生理によってホルモンの変動があったり、抗生物質の服用やステロイド剤の投与、妊娠によるホルモンの変化によってカンジタの症状が出る場合があります。

カンジタの症状が出ることによって体調がわかるという女性もいます。

治療に時間がかかる場合もあるのですが、カンジタにならないように健康的な生活を心がけ、通気性の良い下着をつけたり、ガードルや補正下着などを付けないようにしたりして清潔で通気性の良さも意識しカンジタ菌が生息しにくい性器にすることが大切です。

カンジタ菌は口腔にも存在し、乳幼児や高齢者の場合は免疫力の低下により、口腔カンジタ症やカンジタ性口内炎を起こすこともあります。

検査について

病院で検査する場合は、男性の場合は泌尿器科、女性の場合は産婦人科になります。

近年、性病科という科も新設されてる病院もありますので、性病科でもよいでしょう。

カンジタは頻繁に起こる人もいますから、自宅で気軽に調べたいという方は自宅で調べることができるキットにて検査をするとよいでしょう。

忙しくて病院に行けないといった場合や、病院には行きづらいといった場合には自宅で検査することができます。

郵送して検査結果はインターネットでわかるものもありますから、そういった検査キットをうまく活用することで、性病を放置せず自分で把握することができると思います。

カンジタの検査は、男性の場合は亀頭周辺の菌を綿棒で採取し検査し、女性の場合は外陰部、膣の菌を検査します。

男性も女性も病院の受診と検査代で費用が6000円から10000円ほど平均的にかかるようです。

自宅キットで調べてカンジタだとわかった場合は病院でしかるべき治療を受けることになります。

治療について

感染してるという判断があったあと、病院で治療を受けましょう。

症状にもよりますが、1日から2日の通院にて消毒をして軟膏を塗る治療法が一般的ですが、膣剤を処方される場合もあります。

また、膣洗浄をすると効果的なので、膣洗浄をしてもらいましょう。

男性の場合はクリームや軟膏を処方されます。

予防法について

女性の場合は清潔にすることと、性器の通気性をよくすることです。

生理のときなど、ナプキンをすることでムレてしまったりしますよね。

そうなることでカンジタ菌が増えてしまうことになりますので、シャワーを浴びたあとなどよく拭き乾燥させることを心がけましょう。

清潔にすることは大切なのですが、清潔にしすぎた結果、必要な菌まで洗い流してしまい、カンジタになってしまうこともあると考えられています。

カンジタになるのが嫌でガシガシと洗ってしまう人もいますが、それはよくありません。

生理の時などは多少洗う回数が増えても問題ありませんが、一日に何度も石鹸をつけてガシガシと洗うのはやめましょう。

デリケートゾーンのケア 性病検査青