解説する女性

目次

性病(性感染症)とは

性病とは、英語では、「a sexually transmitted disease」と言い性行為によって感染する病気で、性感染症とも呼ばれます。

性病か感染するのは性行為により、性器や体液との接触により病原体となる細菌、ウィルス、原虫などが感染する事で発症します。

性器を挿入することはもちろんですが、性行為以外のフェラチオなどの愛撫やアナルセックスでも感染します。

病原体が細菌のものは、クラミジア、淋菌感染症、カンジダ、梅毒などがあり性器や粘膜の接触で感染します。

病原体がウィルスのものは、HIV(エイズ)、HPV(子宮頸がん・コンジローム)、ヘルペスなどがあり、性行為や類似行為などで感染しますが、血液の接触で感染するのでアナルセックスなどの出血を伴うものは特に感染する可能性があります。

原虫が寄生虫が病原体のものは、トリコモナス、毛シラミで性行為や性器の接触で感染します。

性病の放置は何故危険なのか

HIV感染性は、現在治療法が無いためエイズの発症を遅らせることしかできないので危険な病気です。

症状があまり無いので、感染に気づかずにパートナーに感染させる可能性があるので、不特定多数の方とセックスをしている人は定期的に検査を受けた方が良いでしょう。

また、梅毒などは初期では治療は容易ですが、放置して2期3期と病状が進むと治療が難しくなりますので、早期に病気を発見する事が大切です。

クラミジア、淋菌感染症などは、抗生物質の投与を2週間程すれば完治しますが、病気に気づかず放置すると感染が広がり女性ですと至急に到達し不妊の原因となります。

ですので、性病の症状や行為に心当たりが有る場合は検査を受けると良いでしょう。

ブライダルチェックの内容と費用

みなさんはブライダルチェックについてご存知ですか?

「女性が結婚前に妊娠できるかどうか診てもらうこと」と考えている方が多いかもしれませんね。

ブライダルチェックでは、妊娠ができる状態であるかの他に自分の健康状態について、たくさんのことを知ることができます。

もちろん男性が受けることも可能です。ここでブライダルチェックの具体的な内容、費用をご紹介しましょう。

ブライダルチェックで分かることって?

ブライダルチェックで行う主な検査内容は以下の通りです。

・超音波エコー検査… 子宮や卵巣の状態を検査するもの。子宮内膜症や子宮筋腫などの可能性がないか

・子宮頚部細診… 子宮頚部の細胞を擦り取って検査を行うことで、子宮頸がんの可能性を検査するもの

・感染症の有無についての検査… 性行為などによって感染するクラジミア、トリコモナス、HIV、淋菌などの性感染症や血液感染によって起こり、母児感染するおそれのあるするB型・C型肝炎などにかかっていないかの検査

・男性の精子精液検査…男性不妊症のための検査

子宮内膜症や子宮筋腫などの婦人病や子宮頸がんの初期段階は自覚症状がなく、気がつかないまま症状が悪化してしまうことがあります。

また、妊娠してからがんが発覚することも少なくありません。

感染症も初期段階では自覚症状がほとんどないものが多い病気です。

知らず知らずのうちにパートナーに感染させてしまったり、不妊の原因になることも。

また肝炎は気がつかないまま妊娠すると胎児が感染してしまうこともあります。

こうした妊娠を妨げる可能性のある病気はブライダルチェックで検査して、早めに治療することが大切です。

ブライダルチェックの費用はどのくらい?

ブライダルチェックは婦人科やクリニック、検査機関などで受けることができます。

費用の相場は一人当たり20,000円から40,000円程度といったところでしょう。

男性の場合、泌尿器科で受けるのが一般的ですが、最近はカップルで一緒に受けられる医療機関も増えています。

またブライダルチェックが自宅でできるセルフキットも販売されています。

こちらの費用は少し安めで2万円弱からあり、カップルで受けると割引になるところもあります。

特に男性の場合、ブライダルチェックを受けるのが恥ずかしいという方が多いためか、セルフキットを利用するケースも増えているようです。

近年、不妊に悩むカップルが増加していると言われていますが、原因は女性だけにあるとは限りません。

お互いの健康状態を知るためにもブライダルチェックはパートナーと一緒に受けるのがベストでしょう。

ブライダルチェックでわかる病気の種類

妊娠や結婚を控えたカップルが受けるブライダルチェックでは、妊娠するにあたって妨げとなる症状はないかの他にも、さまざまな病気にかかっていないかを知ることができます。

ここで、ブライダルチェックで分かる結婚や妊娠の前にきちんと治しておきたい病気について考えてみましょう。

ブライダルチェックで分かる妊娠を妨げる病気

結婚したら、すぐに子供が欲しいと考えている方や子供は何人欲しいと計画している方は結婚前に妊娠の妨げになる病気がないか確認しておくようにしましょう。

妊娠時に発覚すると、早産や流産を招くものもあります。

ブライダルチェックで行われる超音波検査では妊娠に影響する以下の病気の有無を確認することができます。

子宮筋腫…30歳以上の4人に一人はかかると言われている病気。筋腫ができている場所によっては不妊の原因になることも。

子宮内膜症…子宮の内側にある子宮内膜が腹膜や卵巣など、子宮以外の場所で増殖する病気。

症状によっては妊娠しにくくなることもある。

卵巣腫瘍…卵巣にできる腫瘍で全体の9割は良性と言われている。

妊娠時に流産しやすくなることがある。

感染症など、その他の病気についても分かるブライダルチェック

ブライダルチェックでは自覚症状の少ない感染症に感染しているかどうかもチェックすることができます。

気がつかないままでいると、パートナーに感染させてしまったり、妊娠した際に胎児に感染させてしまうこともあります。

決まったパートナーとしか性行為がないから感染症なんてかからない!と考えている方もいるかもしれませんが、感染症の中には性行為以外で感染するものもあります。

早期発見すれば抗生物質の投薬や注射で治るものもありますが、妊娠中に感染していることが分かると思うような治療を行えないこともあるでしょう。

また性感染症の中には感染していることが分かった場合、パートナーも一緒に治療を受けなければならないこともあります。

大切な赤ちゃんやパートナーのためにも、膣のかゆみやおりもの、不快感など気になる症状がある人は必ず検査を受けるようにしましょう。

不妊や流産・早産など妊娠に影響する感染症

クラミジア・トリコモナス・梅毒

胎児に感染する可能性のある感染症

梅毒・HIV・淋病・性器ヘルペス・クラミジア・B型肝炎・C型肝炎

性病検査キットの紹介

好きな相手に性病を感染させてしまったり、付き合っている相手から性病を感染させられたりする嫌ですよね。

特に初めての性行為で相手に感染させてしまった場合、印象は最悪です。

ですので、ちょっとでも心配があれば早めに検査をすることが大切です。

家族や同居人に知られたくない、病院へ行くのが怖い!と思う方もいるかもしれませんが郵送の性病検査キットを使えば大丈夫です。

ブライダルチェックを受けられる商品や場所

結婚や将来的な妊娠を考えたとき、パートナーと一緒に受けたいブライダルチェック。

ここではブライダルチェックがどこで受けられるか、またブライダルチェックのセルフキットの商品にどんなものがあるかご紹介しましょう。

ブライダルチェックはどこで受けられる?

ブライダルチェックは全国の産婦人科・婦人科などのレディースクリニックの他に婦人科・産婦人科のある総合病院などで受けることができます。

ブライダルチェックは病気の治療と違って保険が適用しません。

すべて自費での受診となるため、費用は2万円~4万円程度と高額です。

会社の健康診断などで、直近に子宮頸がん検査を受診したというようなケースはすべてパックになっているプランではなく、必要な検査だけを受けられるコースを選ぶとよいでしょう。

また、婦人科検診はなんとなく受けづらい…という方は女医が担当する医療機関を探してみてもいいかもしれませんね。

医療機関によっては健康診断と乳がん検診・子宮がん検診を行うレディースドッグも行っているところがあります。

ここ数年、検査を受けていないという人は結婚前にまとめて検査してもらうのもおすすめです。

がん検診は市町村の補助を受けられる場合もあるため、事前に適用できる補助制度がないか調べてみるとよいでしょう。

最近はカップルでブライダルチェックを受けられる医療機関も増えていますが、男性が単独で検査を受ける場合は泌尿器科や性病科、不妊治療を専門に行っているクリニックなどで受診することもできます。

ブライダルチェックのセルフキット

ブライダルチェックは高い、検査を受けに行く時間がとれない…そんなとき是非、利用したいのが自宅でブライダルチェックができるセルフキット商品です。

クラジミアや淋病、カンジダ、梅毒、HIVといった性感染症からB型、C型肝炎、子宮頸がんの検査などを自宅で行うことができます。

まずセルフキットを注文し、検体を採取、その検体を郵送で返送します。

その後、パソコンや携帯、郵送などで検査結果が送られてくるというもので、忙しい方や検査を受けるのに抵抗があるという方、誰にも知られず検査を受けたいという方にも適しています。

血液や子宮頚部の細胞、膣内の分泌物などを採取する必要がありますが、使い方の簡単な採取器具が採用されているので安心です。

性病検査キット専門店 宅配ドクター

宅配ドクター

宅配ドクターは検査キットの専門店で、即日配送で電話は24時間対応しているので初心者でも安心して利用できます。

また、検査を行っているセンターは国の認定を受け、病院からの検査も行っているため精度は病院と同じです。

精度

配送のプライバシーは、十分配慮されており中身が何かわからないように発送され伝票にも記載されておりません。

また、ヤマト運輸の営業所であれば配送所止めも可能ですので、購入の際に備考に書き込めば対応してもらえます。

プライバシー

関連記事

エイズ(HIV感染症)~発症すると免疫力の低下により健康な人なら感染しないような病原体による日和見感染症や悪性腫瘍、神経障害などの様々な病気にかかる。

皆さんは「HIVウィルスに感染すること=エイズ患者である」と考えていませんか。 HIVウィルスは感染したからといって、すぐにエイズを発症するわけではありません。 ただし症状がない期間でも性行為や血液に接触することで感染す・・・

カンジダ症~疲れやストレスによる免疫力の低下などで約5人に1人が経験する、女性にとってポピュラーな病気

カンジダ症は体内にある常在菌の一種であるカンジダ真菌が繁殖して起こる病気です。 カンジダ菌は健康な人の体にもあり、抵抗力が落ちたり、体力が弱まっているときに増殖しやすいと言われています。 他の感染症と比べるとカンジダ症は・・・

クラミジア感染症~女性の半数以上が全く症状を感じないが、放置すると不妊症の原因になる。

クラミジアは自覚症状の少ない感染症のひとつです。 アメリカでは年間200万人以上がクラミジアに感染していると言われ、日本でも女性の2割近くが感染している、あるいは感染したことがあるという報告結果もあります。 では、このク・・・

トリコモナス~女性の感染者がほとんどで、原虫が感染し発病する性病だが、性行為以外でも下着、タオル、便器、浴槽の共用でも感染する。

トリコモナスはクラミジアと同様、感染する人が多い症状です。 女性だけではなく、男性もかかる感染症ですが、特に女性に症状が出やすい感染症です。 妊娠すると赤ちゃんに感染することがあるため、結婚や妊娠を考えたら早めに治療して・・・

子宮頸がんと原因となるHPV(ヒトパピローマウィルス)

近年、注目を受けているのが子宮頸がんです。 子宮頸がんはヒトパピローマウイルスというウイルスへの感染で発症するがんで、このウイルスは主に性交渉によて感染します。 感染をした後、進行することで子宮頸がんになってしまうのです・・・

尖圭コンジローマ

尖圭コンジローマの原因はヒトパピローマウイルスです。 性器や肛門にカリフラワーのような出来物や、乳頭のようなイボができるのが特徴です。 出来てしまったイボは外科的な手術を行ったり焼いたりして切除しますが、ウイルスを完全に・・・

梅毒~性的な接触(他人の粘膜や皮膚と直接接触すること)などによって病原体がうつる感染症

梅毒も古くから知られている性感染症のひとつです。 かつてエイズが死の病とされていたように、昔の人にとって梅毒も不治の病とされていました。 現在では初期段階であれば抗生物質を使用することで完治させることができます。気になる・・・

淋病(淋菌感染症)~抗生物質が効かない耐性菌の発生が増加しているポピュラーな性病。

淋病とは淋菌が原因の感染症です。 性病の一種であり、性病の中では感染者が多いことで知られている病気です。 淋病は男性に多いといわれている性病で、男性の症状がつらい性病で知られています。 セックスでは1回のセックスで感染す・・・

B型C型肝炎ウィルス

名前はよく聞くものの、B型C型肝炎がどんな病気が知っているという人はあまり多くないかもしれません。 2つの病気の最大の違いはB型肝炎が性行為によって感染するケースがほとんどであるのに対し、C型肝炎は血液を介して感染するこ・・・

おりものの異常と性病について

病気のサインとして、おりものの異常が現れることは少なくありません。 おりものの色、あるいは臭いなど、普段と違う違和感を感じたら、様子をみるだけでなく医師に相談するのが良いでしょう。 ここでは、自覚症状としておりものに変化・・・

毛ジラミ「人間の毛穴に寄生し、猛烈な痒みを発生させる。」

毛ジラミはその名の通り、毛に寄生する虫のことです。 性病の中でも感染率が高く、簡単に感染してしまうことで知られています。 かなり激しいかゆみがあり、フケのようなものが見えることで発覚することが多く、無症状ということはほと・・・

性病の潜伏期間と検査方法

性行為をすることで、感染する病気を性病と呼びます。 性病とひとことで言っても、様々な種類があり中には命に係わる危険なものもあります。 症状が無いものも多いので自分で意識をして検査することが大切です。 また、コンドームをす・・・