女性は本来子供を産み育て、家庭を維持しなるべく家族が長生きできるように努力するようになっています。

「女性らしい行動」の特徴の多くは子供を産み育てるという生物学的な影響によるものです。

では女性はどのような特徴を身につけて進化してきたのでしょうか。

男女の性差は性ホルモンの影響で決まります。ホルモンが脳と性器をそれぞれ、男性型、女性型にしていくのです。

赤ちゃんの頃には男女の差はあまりありません。しいていえば、男の子のほうが落ち着きのない行動をとり泣き声が大きいことでしょうか。男女の差がはっきりしてくるのは7歳くらいになってからです。

俗にいう「女の子らしい」しぐさや言葉使いを覚えて好んで使うようになります。

ただ、先天的なものと環境に左右される場合の2種類がありますので、より女の子らしく育つか、少しやんちゃで男勝りの女の子に育つかは個性といえます。

女性は一般的には感情を表に出しやすいと言われています。いわゆる「感情的」になりやすいということです。

女性が涙を流して感情的になるのは普通なのに、男性が涙を流すのはおかしいとか、恥ずかしいとか思われますね。

これは女性が「感情的」なことに対し、男性は「感情表現を抑えるべき」との人間発生以来の遺伝子を受け継いでいるため、なるべく感情を表に出さないようにしているからです。

その本能ゆえ男性があまり「感情的」にならないので、女性の方がより「感情的」になっていると思われがちなのです。

では性交渉時においての女性の性質と傾向についてです。

女性がセックスの時に重要視するのは、肌の感触と視覚です。

また、音楽、香り、想像するシナリオ、性的な音などにも反応します。

女性は直接に性的状況と結びついていない場合でも、感覚刺激に対して強い反応を示します。

たとえば、音楽や、香りによって女性の気分は高められていくのです。

女性は本能の働きゆえに男性に対して健康な精子を求めています。妊娠して子孫を増やすことが目的ですので、男性にはより良質の遺伝子を求めるのです。

その本能のせいか、女性はとても鋭い嗅覚をもっています。男性が香りに対して全く無頓着なことに対し、女性は生物学的に自分とマッチする相手の匂いをかぎ取ることができるのです。

性の反応の仕方が男女では全く違うということがここまででもわかってもらえたと思いますが、実際の性交渉に関する考え方も全く違います。

男性は女性のヌードで興奮でき、勃起射精までできますが、女性は物理的な刺激で興奮することは難しく、無理やりカラダを開かせようとしても苦痛にしかなりません。

女性は男性に好意を持つことで初めて、セックスでの快感を得ることができるのです。

これは性ホルモンであるテストステロンの働きによって性欲が高められるからですが、女性はこの反応がとても複雑です。

たとえば、いくら好きな人だからといって、いきなり性器を触られて気持ちいいと思うことはまずありえません。手をつないだり、肩を抱かれたり、お酒を飲みながら音楽を聞いたりといったシチュエーションを重ねることで、五感をフルに使い少しずつ性欲を高めていくのです。

単純な男性からすれば、面倒くさいと思われるような、「性交渉にいたるまでの過程」が実は女性にとってはとても大切なのです。

その複雑な性欲は、女性が受け身であるということに関係しているのかもしれません。

生殖器の構造上、どうしても女性は男性を受け入れる側になってしまいます。

自分の体を傷つけられないか、防衛本能が働くので性交渉においても慎重に時間をかけるように出来ているのです。

たとえば、男性の肩にフケが載っていたり、食事の仕方がだらしなかったりするとそれだけで生理的に引いてしまいます。また爪が伸びていて汚れがたまっていたりするのも、自分が傷つけられるかもしれないと心配で、もしセックスに及んだとしても快楽に身をまかせられなくなります。

女性は性に関してはとてもデリケートだということがわかっていただけたでしょうか。

ですが、性欲がないのかというとそれは違います。男女では性欲の差はそれほどありません。ただ、生殖活動としてただ精子を受け入れるだけではなく、それ以上の快楽を求めているので、ある意味男性よりも性に対しては貪欲かもしれません。

日本では結婚している男女や付き合いの長いカップルがマンネリ化し、セックスレスに陥る率が高いことでも有名です。

それは性交渉の時に、男性からのアプローチがマンネリ化するため女性が興奮できなくなり、セックスそのものが面倒になってしまうからです。

男性は単純ですので、挿入射精できれば毎回同じシチュエーションでも満足できます。

が、女性はそれでは飽きてしまい感じることができなくなってしまうのです。

そうして男性からの誘いを断っているうちに、男性もムリには誘わなくなりいつしか何カ月もセックスしていないということになります。

女性と男性の性交渉についての考え方の違い。わかっていただけたでしょうか。

女性はとても複雑でデリケートな精神をもって性交渉に臨んでいるのです。

デリケートゾーンのケア 性病検査青