女性の生殖器のつくり

女性の生殖器は、大きく分けると外生殖器(大陰唇、小陰唇、クリトリス「陰核」、尿道口、恥丘、膣前庭、膣口、バルトリン腺、会陰)と内生殖器(膣、子宮、卵管、卵巣)の2つに分かれています。

外生殖器は外陰部ともよばれ膣口、外尿道口、陰唇があります。

陰唇 外陰にあるやわらかい皮膚のひだで外側の大陰唇と内側の小陰唇とが左右1組ずつあります。

陰核 クリトリスともよばれ、豆くらいの大きさに皮膚が盛り上がっている部分です。男性の陰茎(ペニス)にあたります。

陰核内部にはペニスと同じように海綿体があり、さわったりこすったりして性的な興奮が高まると充血して勃起します。

男性のように射精することはありませんが、同じように興奮が頂点に達するととても良い気持ちになり、満足感を得られます。これをオーガズムといいます。

外尿道口 とても小さな穴で、尿の出口となっており、女性の尿道は男性と違い、性器ではありません。

大陰唇

恥丘から会陰までの割れ目の部分でふっくらとした2枚の厚いひだのことを大陰唇といいます。

性的刺激には敏感ではありませんが、たくさんの神経終末があり、クリトリスや尿道口を守る役割をしています。

小陰唇

大陰唇の内側にある粘膜状の軟らかいヒダが小陰唇で、大陰唇より多くの神経終末が有り性的に興奮すると充血してふくらみます。

会陰からクリトリスを包む包皮まで伸びていて非常にデリケートで敏感な部分です。

クリトリス(陰核)

小陰唇の一番上にある突起部分がクリトリスで、性的に興奮したり刺激されたりするとクリトリスの包皮がむけて勃起します。

神経終末の数も構造もペニスと同じですがペニスとの相違点は快感を得る機能しかついていません。

バルトリン腺

膣の入り口である膣口の左右にある小さな豆のような形をした部分がバルトリン腺です。

膣口周辺を潤す役割をする透明な粘液、愛液を分泌する部分だとされています。

処女膜

膣口を囲む粘膜でできたヒダが処女膜で、セックスをすると少量の出血と痛みを伴い破れますが、激しい運動やタンポンの挿入でも破れる事があります。

また、収縮性があるため初めてでも破れずに伸びて出血しないというケースもあります。

外部と子宮をつなぐ管状の器官で、性交時の交接器であり出産の際の産道にもなります。

表面は口の中のような粘膜で、膣の入り口である膣口の左右には性交をスムーズに行うための粘液が分泌されるバルトリン腺というものがあり性的刺激を受けて興奮するとここから愛液を分泌します。

周りは筋肉に囲まれていてオーガズムをむかえると小刻みに収縮を繰り返しますが、あまり刺激に敏感な器官ではありません。

快感を得られるのは膣口から3分のⅠ程度の部分で奥はほとんど感覚がありません。

Gスポットと呼ばれる強烈な性感帯がある半面、膣ではいけない女性も多く存在しています。

子宮

 

膣の奥にありとても丈夫な筋肉でできた袋状の器官です。

形は洋梨をさかさまにしたような感じで、大きさは左右ともにイチゴくらいですが、妊娠するとスイカほどの大きさにまで大きくなり出産の際には収縮して赤ちゃんを外に出すような、柔軟な器官です。

子宮は受精した卵子を成熟させて胎児の生育を行うための場所になり、つまり、赤ちゃんを育てたり、生理の血液もここで作られます。

胎児は生まれるまでの9カ月ほどを子宮で過ごしますが、胎児の成長に伴い、子宮も伸びて大きくなります。

オーガズムを向かえると小刻みな収縮運動を繰り返します。

子宮の入り口に性感帯が有りここを刺激して女性がオーガズムに達する、ボルチオ性感帯があります。

卵管

 

卵巣から排卵された卵子が、子宮へと向かうための管で10cmくらいの長さでストローくらいの太さがあります。

子宮の上部から左右にラッパの形をした細い管が出ていますがこれを卵管と呼びます。

卵巣から運ばれてくる卵子を精子と受精させ、受精卵を子宮に送り込みます。

卵管の太くなっている部分が卵管膨大部と呼ばれ、ここで精子と卵子が合体し受精が行われます。

卵巣

 

子宮の両脇に左右1対あり、卵子を育てて排卵したり、女性ホルモンを分泌する器官です。

左右1個づつで一対となっており、排卵期になるとどちらか一方の卵巣で1個だけ卵子が作られます。

子宮の外側、卵管の先にあるアーモンド型の親指大ほどの大きさの器官が卵巣です。

エストロゲンとプロゲステロンという2種類の女性ホルモンと少量の男性ホルモンを分泌します。

子宮けい管 

子宮の下の部分で膣につながっています。

卵子のしくみ

卵子は卵巣で作られます。思春期になると脳の下垂体から分泌される卵胞刺激ホルモンによって細胞分裂を始め、生殖能力を持つ卵子1つだけが残ります。

精子は人体で最も小さい細胞ですが、逆に卵子は人体で最大の細胞です。直径は0.1~0.2mmで肉眼でも見ることが出来ます。一生のうちで400~500個の卵子を放出することになります。

50歳をすぎるころには卵子はなくなり生殖できなくなります。

卵子にも精子と同様に、母親の遺伝情報を伝える23本の染色体が入っています。

排卵のしくみ

思春期を迎えると女性ホルモンの働きによって卵巣で卵子が作られ、左右どちらかの卵巣から1つだけ卵子が放出されますが、これを排卵といいます。

放出された卵子は左右どちらかの卵管を通って子宮に進みますが、この途中の卵管膨大部で精子に出会えると受精が成立し受精卵となります。

子宮の中はプロゲステロンというホルモンの働きで柔らかい層になり卵子を受け入れる準備を整えます。受精卵はこの層の中に入っていきます。

この層はたくさんの血管や液体を含んだ組織で出来ていて、受精した卵子が成長できるような環境となっています。

精子と出会わず受精しなかった卵子は、1日か1日半くらいで子宮の中で壊れてしまいます。そして子宮を通りぬけて体外へと排出されるのです。

月経のしくみ

子宮の内側を覆っている子宮内膜はホルモン(プロゲステロン)の影響を受けて厚みを増し、受精が成立した時に着床しやすいよう準備を整えます。

卵子が精子と出会わず、受精が成立しなかった場合、厚くなった子宮内膜は不要になり、子宮から剥がれ落ちます。

剥がれた子宮内膜は、受精しなかった卵子や血液とともに膣口から体外へ排出されます。これが月経(生理)です。

個人差がありますが、約28日周期で繰り返されます。だいたい5日~7日でおさまり、次の排卵への準備が始まります。

女性ホルモンについて

思春期になると脳が卵巣に合図を送ります。すると卵巣はエストロゲンとプロゲステロンという女性ホルモンを作りはじめます。

このホルモンの影響によりからだにいろいろな変化が起こり、だんだんと大人のからだになっていきます。

乳房や乳首が大きくふくらんできます。おしりが大きくなります。体中に毛が生えます。

外陰部に陰毛と呼ばれる黒くて縮れた毛が生えます。膣から無色か、白っぽいねばねばした液体が少量出ることがあります。

これは何も問題ないもので、膣の清潔を保つために必要なものです。

この2つのホルモンの影響により、卵巣から卵子が出されるようになるのです。このはじめて卵巣から卵子が出されることを初潮といいあかちゃんを産める体になったという証とされています。

妊娠について

男性の精子と女性の卵子が結びつき1つの細胞になることを受精といいます。

1度の射精で出される5億個の精子のうち卵子のそばまで行けるのは、200個くらいです。

そして卵子の中に入れる精子は1つだけです。

こうして出来た受精卵は約9カ月間細胞分裂を繰り返し、ヒトへと成長していきます。

デリケートゾーンのケア 性病検査青