オーガズム女子

女性のオーガズム、つまりイク時は男性のように射精という現象が見えにくいのでわかりにくいとされています。

まずからだの構造上、どうしても受け身になる女性ですが、実はとても複雑な性欲をもっています。

そこで女性はどのようにされたら感じるのか、オーガズムを感じることができるのか考えてみましょう。

その前に、どこを触られても全く感じない人を「不感症」といいますが、そのような病気は実はありません。

感じないのではなく、感じにくいのではないのでしょうか。

それはオナニーだったら絶頂に達せるのに、彼氏とのセックスでは達しないという人がいることで考えられることです。

刺激を受ける準備が整っていれば、大多数の女性は気持ちいいと感じることができるはずです。

あと、もう1つ考えられるのは性的に成熟していないことです。

性体験が少ない人はどういう状態が感じていることなのかイマイチわかっていないのです。

これにはゆっくりと時間をかけてパートナーと深くつながるように努力してみたり、オナニーをたくさんして自分の性器の仕組みをよく知り、どうすれば快感を得られるのかを知っておくことで解決できる問題です。

そもそも男性と女性のからだでは、からだつきは違っていても感じる場所はほぼ同じです。

耳・耳たぶ・乳首・へその周り・性器・指先・太ももの内側・くるぶしです。

けれど性器の感じる場所は男性よりも女性の方がとても多いのです。

外性器になる膣前庭、大陰唇、小陰唇、クリトリス。内性器になると感じることのできる人はぐっと減りますが、それでも快感を得られる人もいます。

性器で受ける快感が絶頂を迎えたときを「オーガズム」といいますが、女性はこのオーガズムにいたるまでのプロセスがとても複雑です。

男性のように射精したら萎えてしまい、復活までに少し時間をかけなくてはいけないわけではなく、短い時間に何度でも絶頂を迎えることもできます。

女性の性反応を説明すると、興奮期、高原期を経てオーガズムへ向かいます。その後消退期に少し向いますが、すぐ盛り返し高原期、オーガズムと向かいます。

適度な刺激を与え続けると繰り返しオーガズムを感じることができます。

それでは具体的にどうのようにすればオーガズムに達することができるのか説明します。

女性の多くはクリトリスでオーガズムを得ることができます。

少数派ですがGスポットと呼ばれる尿道入口やポルチオと呼ばれる子宮口で感じる人もいます。

膣でオーガズムを感じないのはおかしい?と思っている人もいるかもしれませんが、大多数の女性は膣の中はそれほど感じない場所なのです。

膣の入り口から3分の1くらいのところが神経が集中しているので、その辺にペニスが当たれば十分ですが、クリトリスの刺激に比べるとだいぶ劣ります。

具体的には突かれるよりもペニスを引いた時の方が感じる人が多いようです。

膣の奥深くにペニスを入れて大きく動かすよりも、膣の浅いところで小刻みに動かす方がより感じます。

ということで、女性は男性とのセックスの場合、激しいピストン運動をされてもあまり感じることができないということがわかります。

ただ、男性が一生懸命激しく動いているのを見て、その状態に興奮するという場合はあります。

女性は興奮すると膣の壁から「膣粘滑液」というものが噴出し、皮膜を作ります。これがいわゆる「濡れている」という状態です。

この状態になってはじめて男性のペニスを受け入れる準備が整います。

この状態にならないと男性のペニスをうまく受け入れにくく、それでもムリに挿入されると摩擦で膣周辺が傷つき苦痛をともなってしまいます。

「濡れる」という仕組みは身体機能のひとつでもあります。

興奮すると自然に起きる現象で、性的快感を得ている=濡れているというわけではありません。

レイプなどで恐怖を覚え興奮しているときでも身体機能の働きで濡れてしまいます。

男性は「濡れていたから合意の上」と主張するかもしれませんが、これは大きな間違いです。

また「潮吹き」と呼ばれる現象も身体機能です。男性の前立腺の名残のような器官がGスポット周辺にあり、刺激されると弱酸性の液が出ることがあります。

男性は女性に潮を吹かせたら自分のセックスが良かったのだと誤解しますが、性的にすごく興奮したから出るというものではありません。刺激により何らかの原因で起こるただの身体機能の1つです。

そして大多数の女性は乳首とクリトリスが連動しています。

乳首には神経が集まっているため興奮すると勃起します。

乳首に刺激を受けるとクリトリスも膨張して勃起した状態になります。

クリトリスは乳首からの刺激で非常に敏感になり、また乳首もクリトリスの刺激で敏感になります。

こうして両方に刺激を与え続けることにより、だんだんとオーガズムを迎えるのです。

男性はアダルトビデオなどの影響で間違った知識を持っています。

女性は受身なのでどうしても男性のされるままになりがちですが、男性に勇気を持ってこうしてほしいと意志を伝えることで充実したセックスになります。

また女性を気持ちよくさせてあげたいという気持ちは男性も同じでしょうから、男性からしても、女性の気持ちを聞くのはとてもうれしいことだと思います。

お互いが思いやりをもって、お互いの気持ちよさを追求し充実したセックスライフを送ってください。

Banner468B