女性がオーガズムを迎えやすくなった時、男性が優しく指を動かせば、せつなげな表情を浮かべながら快感に身をよじり、力強くペニスを挿入すれば腰に足をからませ呼吸を乱しながらまぶたを閉じ快感に耐えるような表情をみせることでしょう。

女性の性感帯をどのように愛撫すると女性が気持ち良くなるかと言う技術的なことも大事ですが、まずは女性を良く知りどうしてほしいかということを知ることが大切です。

男女の違い

空間認識や感性を担当する右脳が発達している男性に対して、女性は言葉を担当する左脳が発達しており、左脳と右脳の連携が男性よりも女性の方が緊密にされているとされます。

多くの女性は情報量や話したい事が多く、語彙も豊富でコミュニケーション能力は男性より長けていますが、セックスに関しては自分がどうしてほしいのか?本音を伝えられない女性が多いようです。

コミュニケーションをとりながらすすめるボディタッチ

女性がイキやすくなるには、女性がどうしたい、どうしてほしいのかをコミュニケーションをとりながら知っていく事が大切です。

お互いの身体を密着させ、優しく触れながら会話を楽しむように女性の反応を見ながら褒めたり辱めたり女性が答えやすいような聞き方を身につけましょう。

言葉でどうしてほしいかを伝える事ができた女性は自分の気持ちを伝える事ができたという解放感から、身体も緊張がほぐれ解放されることでオーガズムへ近づく事ができるのです。

聞き上手であること

聞き上手の男性はもてると言いますが、セックスの時も同じです。

男性の話は結論を求めがちですが、女性が会話に求めているのは共感なのです。

セックスの時も共感する事を意識して、どうして欲しいのかを察する気持ちがオーガズムへのヒントを導き出すのです。

男性の視点だと、女性の会話には起承転結が無く話題がころころ変わるなどと思うかもしれませんが、女性は会話自体を楽しむ事もできるので共感して自分楽しめるようにすると良いでしょう。

普段から女性との会話を楽しめるようにして、聞き上手のスタンスに慣れることでセックスの時もスムーズになごむ事が出来るはずです。

普段の何気ない会話の中にもその女性が好きな事やしてほしい事のヒントが含まれている事でしょう。

話に耳を傾けながら肌を触りながら身体を重ねることで二人の関係はお互いに相性が良いと思えるようになると思います。

デリケートゾーンのケア 性病検査青