女性がオーガズムに達した時の反応は様々で、頭が真っ白になると感じる人もいれば、電流が流れたように痺れると感じる人もいます。

男女とも下記のプロセスを経てオーガズムに達します。

1:興奮期・・・性欲を感じ、体のあちらこちらに性的反応が現れる。

2:上昇期・・・徐々に快感が高まりオーガズムへの準備を始める。

3:オーガズム期・・・快感が頂点に達する時期。

4:消退期・・・快感が退き、体が通常の状態に戻ろうとする時期。

男性のオーガズム 4つのプロセスを短時間でたどる

興奮期

男性は視覚的な刺激で興奮し易いのが特徴です。

女性の体、胸やお尻など見て視覚的刺激を受けると男性のからだは心拍数が高くなったり血圧が上昇したりという変化が起き性的な反応が出ます。

上昇期

勃起したペニスが刺激を受けると陰茎が最大に膨らみ精巣も充血して大きくなり陰嚢(いんのう)も持ちあがります。

亀頭も充血して大きく膨張しカウパー腺液が分泌されます。

オーガズム期

繰り返される摩擦により快感が限界までくるとペニスの筋肉が収縮して射精が起こります。

精巣に蓄えられた精液が尿道まで流れ射出されるまでの時間は数秒で、これが男性のオーガズムです。

消退期

絶頂を迎えた男性の身体は1分程度でペニスの充血も解けて勃起がおさまり陰茎も通常のサイズに戻ります。

急激に興奮から冷めた男性の身体は、ペニスが勃起するなどの性反応が出来なくなる無反応期に入ります。

無反応期の時間には個人差が有りますが、年齢が若い方が時間が短いとされます。

女性のオーガズム 4つのプロセスを時間をかけてでたどる

男性と違い女性の場合は、4つのプロセスをたどりますがプロセスの境界に個人差が有り何度もオーガズムをむかえる人がいる一方で、上昇期が長くオーガズムを迎えないまま消極期にいたる人、上昇期が短くオーガズムまで短時間で達する人など様々です。

興奮期

耳に息がかかったり、首筋をそっと愛撫されたり、唇を軽くついばまれたり、背中を指先でなぞられたり、手が乳房に触れたり
内モモを撫でるようにさすられたり、刺激を受けると女性の身体は下腹部が痺れたみたいにジンジンとした状態になります。

ソフトなタッチで刺激を受けることで焦らされた状態により性的な興奮が高まる女性が多いようです。

興奮期を迎えた女性は、性器が充血してバルトリン腺や膣壁全体から愛液を分泌して性器は濡れた状態になります。

乳房が張って乳首がかたく隆起したり、クリトリスが大きくふくらんで勃起します。

上昇期

敏感で感じやすくなった乳首やクリトリスに手を伸ばすと興奮度は更に上がります。

上昇期を迎えると、小陰唇が膨らみ赤みを帯びて膣口が広がります。

この時に膣の中に指が挿入されると膣の入り口から3分の1あたりのところが膨張し締め付けるようになります。

女性の性感帯であるGスポットやボルチオを刺激する事でオーガズムへ達し易い状況です。

女性の肌が赤く染まり、乱れた呼吸が速さが増すなどの変化がでます。

オーガズム期

オーガズムを迎えた女性の身体は、膣括約筋や会陰筋、膣の入り口から3分の1の部分が収縮を繰り返します。

絶頂期で満たされた身体はとても敏感になり、指先が肩に触れただけでもクリトリスを刺激される感覚を得られる女性もいます。

女性はオーガズムを迎えた直後でも再びオーガズムを迎える事ができるので1回のセックスで何度も絶頂を迎える女性もいます。

消退期

オーガズムから5~10秒でクリトリスは元の状態に戻ります。

男性と違い女性は緩やかに興奮が冷めていき弛緩した状態の膣は10~15分ほどかけて通常の状態に戻ります。

デリケートゾーンのケア 性病検査青