耳は口や鼻と同じく知覚神経が密集し外部からの刺激に敏感な器官です。

耳は外部の情報を収集するために発達した器官なので、言葉や音を聴くので感情を左右することになります。

また、肉体の内部に通じる穴なので、指や舌の侵入が女性にセックスを連想させ耳への愛撫は興奮度を高めます。

指先での愛撫

耳を愛撫する時は繊細な刺激を作りやすい小指や薬指が最適です。

小指や薬指の爪先でうなじから耳の裏側へと撫で上げていき、触るか触らないかの微妙な力加減でタッチすると良いでしょう。

耳の裏から同じタッチで耳殻に沿って愛撫していき、小指だけをそっと耳の穴に出し入れすると良いでしょう。

舌での愛撫

舌による耳への愛撫は、髪の毛へのキスやうなじへのキスから耳の裏側に移していくのが自然です。

舌にはあまり力を入れずに少し舌先を尖らせて力を入れずにソフトタッチを心がけましょう。

舌での耳の愛撫も耳の裏側から耳殻をなぞり、最後に耳の穴に差し込むような順序で愛撫しましょう。

また、耳のふちに沿って軽く噛みながら耳たぶへ愛撫していき時々引っ張ってみても良いでしょう。

耳に唾液をつけ過ぎたり、しつこくし過ぎないようにしましょう。

耳元で囁く

耳への愛撫の途中で、耳元でささやくと更に気分は高まりやすくなります。

注意しなければいけないことは、考えてしまうような長いセリフよりも聞いてすぐに理解できるような短い言葉が良いでしょう。

女性が興奮していない時にこのような言葉を発するとセクハラになりますが、興奮している時に耳元で囁くこれらの言葉は、言葉での愛撫となります。

言葉で相手を描写することで、女性の意識を身体に向けさせることで一層興奮は高まります。

デリケートゾーンのケア 性病検査青